2000年 入社

濱岡 和仁

特販営業DIV(大阪)ダイレクター

私の信条:新しいことが新たな私を創る

「ドウシシャを支える部署を育てたい」

私が今いる部署は特販営業DIVというところで、今は特販課とアミューズメント課という2つの課があります。私は入社後、アミューズメント業態に関わる営業を続けておりました。近年この分野はますます世間の注目を集めており会社としても期待をかけているところです。

この課に配属される新入社員数も増加しています。人員の増員は非常にチャンスだと思っています。このチャンスを活かして事業規模を底上げしていき、ドウシシャの新たな柱となるべく取り組んでいます。まだまだ規模も小さく少ない人数ですが、将来は規模を大きくしていき一つの事業として運営できればと考えております。特販課とアミューズ課、この二つが大きな柱になるよう日々挑戦しています。

「ドウシシャは前に進めさせてくれる会社」

自身で考えた事、チームで考えた事を実現できるところがドウシシャです。もちろん具体的な施策や方向性をはっきりさせる事が必要です。それができれば、「一度やってみよう!」と言ってもらえる会社だと思います。失敗から学ぶ事もありますので、後ろ向きの意見ではなく、すべて前向きに捉えていただける会社だと感じています。
私は、新しいことにどんどんチャレンジしたい性格で「新しいことが新たな私を創る」という言葉を信条に掲げています。私自身これまで新しい事にチャレンジをし続け変わってきましたし、上司や部下が様々な挑戦をしている環境ですから、少しでも自分の挑戦が会社全体を良い方向へ向けることできればと思っています。

「one for allの精神」

日々挑戦する環境の中、変えようとしたことは、「一匹オオカミのタイプの自分自身の仕事のやり方」でした。自分自身の仕事をやりこなす中、回りが見えていないという状況でした。しかしポジションが変わり部下も出来るようになり、少しずつ変えてきました。まず、自分に近い人に目をくばり、アドバイスや相談をするようになりました。また、意識して周りの部下にも接しコミュニケーションを密にとるようにしています。部下、同僚、職場の仲間が心地よく仕事に取り組める環境作りが、チーム全体を良くすることになると考えています。

「仕事のやりがいは達成感」

商材も得意先も違う特販課、アミューズ課二つの柱を動かしていく中でどうしたら事業を成長させることができるかを考えながら仕事に取り組んでいます。事業部自体の成長を感じることに、もちろんやりがいを感じます。また、私自身は営業ですので、やはり毎月の予算の達成にもやりがいを感じます。さらには、商談を進めていく中でお客様が我々の提供している商材に満足してもらえることや、お客様との取り組みが前に進んだ時が、特にやりがいと達成感を感じることが出来ます。

  • 濱岡 和仁のオン
    6:00起床、身支度
    7:00出勤
    8:30メール確認、ミーティング
    8:50ラジオ体操、朝礼、始業
    10:00受注処理、事務処理
    11:00営業
    13:00昼食
    14:00資料作成、電話、メール等で商品提案
    20:00業務終了
    21:00帰宅
  • 濱岡 和仁のオフ

    家族で買い物や子供たちと公園やアスレチックに行ってます。

Career
Career 2000年4月 セールスプロモーション営業DIV(大阪) 入社・配属
2002年3月 セールスプロモーション商品DIV(大阪) 異動
2003年4月 アシスタントマネージャー 昇進
2005年8月 セールスプロモーション営業DIV(大阪)異動 
2006年7月 グループマネージャー 昇進
2009年1月 セールスプロモーション営業DIV(東京) マネージャー 異動・降格
2011年10月 特販営業DIV(大阪)異動
2012年8月 グループマネージャー 昇進
2014年5月 チーフマネージャー 昇進
2015年3月 ダイレクター 昇進