2015年 入社

有末 航太朗

家電営業DIV(大阪)

私の信条:情けは人のためならず

「どのカテゴリーにも当てはまらない会社」

ドウシシャの第一印象は、「どのカテゴリーにも当てはまらない会社」でした。大きくは商社というくくりになるかと思うのですが、今、私が所属している家電の部署ではメーカーというモノづくりの一面もありますし、とにかく特殊な会社だなという印象でした。流通サービス業という言葉で表現されていましたが、あまり聞きなれない業態ですし。ただ、就職活動中、私は日頃の生活で自分が触れられるモノに携わりたいという願望がありましたので、生活に関連するモノなら何でも扱っているイメージのドウシシャに興味を持ちました。

「入社1年目私の仕事」

新入社員の私の主な仕事は二つあります。一つは商品部が企画した製品を買っていただけるお客様のところへ商談に行くことです。そして、もう一つが現場を見ることです。実際に取り扱っている商品が陳列されている売り場へ足を運んで現場をチェックします。応援販売として、直接お客様の売り場で接客したりもしました。社内の仕事も多くこなしながら動く必要もあります。営業では、商品のポイントを理解し十二分に伝えることで、より多くのお客様のもとに商品をお届けすることが最も大切な仕事です。

「将来は流通のプロになる」

昨年、家電営業DIVで売り出した、「折りたためる扇風機」が「ありそうでなかった商品」としてメディアに取り上げられ、ヒットしました。そういった、ありそうでなかった商品を市場に送り出せる事はドウシシャにいるからできる事だと思います。ゆくゆくは今の営業から商品開発経験も積み、多くの方々にドウシシャの商品、ひいてはドウシシャという会社のことを知らしめることができればと思っています。企画段階からお客様の手に渡るまでの流れをすべて熟知した流通のプロになりたいと思っています。 

「ドウシシャ商品のブランド力向上を実感できる」

家電営業DIV(ディビジョン)では、自社ブランドの商品を販売するため、ブランド価値を高める事を考えます。それにより会社の認知度のアップにつながります。
私は現場に出る機会を多くいただいています。店舗に足を運んで商品を実際に使われるユーザーの方々の意見や反応をみることが、家電の営業マンとして大事なことだと考えています。
ドウシシャは少し「クセ」のある変わった商品の提供に強みがあります。その「クセ」によって会社の存在感を高め、ブランドが認知されていく過程に関わることが、仕事のやりがいに繋がっています。

  • 有末 航太朗のオン
    6:00起床、身支度。
    7:30出社。FAXを各部門の担当者ごとに仕分け。メールチェック。
    8:30部内でミーティング。
    8:50ラジオ体操、朝礼。
    10:00前日の商談内容を社内SNSに報告。その日の業務内容を組み立て、優先順位付けをする。
    11:00お客さんの所に電話。アポイントを取ったり、保留案件の回答をもらったり。諸事項の確認をしたり。
    12:00昼休憩。
    13:00お客さんもお昼休みの場合が多いので、社内の事務作業、先輩から頼まれごとに取り組む。
    14:00次の日の商談の準備、最終確認に取り掛かる。
    15:00次週以降の行動予定を作るため、バイヤーに電話やメールでアポ取り。
    17:00お客さんからの要望で商品カタログ、販促物ばどを梱包し出荷。
    18:00今日中にやらなければいけないことを見なおして、最終確認。
    19:00自分で仕事を終らせる時間を決めて、その時間までに終わらせるようにする。
  • 有末 航太朗のオフ

    買い物やフットサル、友人と食事など、土日のどちらかは音楽を聴きながらリラックス。

Career
Career 2015年4月 家電営業DIV(大阪) 入社・配属