2009年 入社

森田 敬太

時計・ブランドジュエリー営業DIV(東京)1課マネージャー

私の信条:不撓不屈

「やりたいことに挑戦できる会社」

ドウシシャでは、時計のブランドに有名タレントを起用した広告展開を行うなど、資金力を生かした企画が可能です。元々インテリア、アパレル関係の仕事に興味があり、就職活動時はいくつも同じような企業を受けました。その中でもドウシシャは、やりたいことがなんでもできる環境がある会社であると感じました。最終的には会社の規模が決め手となり、ドウシシャに入社することに決めました。社内は、全員の向上心がとても高く元気でいつも活気にあふれています。このような環境は自分自身のモチベーション向上にもつながります。やりたいことにどんどん挑戦でき、夢に描いていたような世界を股にかけるような仕事ができる会社だと思います。

「お客様目線が大切」

入社した当初は先輩社員に同行し商談や店舗の陳列を手伝い、社内では販促物の準備や商品の出荷作業を行っていました。現在、心がけているのは、お客様目線に立った営業をするということです。お客様からすれば「在庫の金額を抑えて売上げを伸ばす」ことをもちろん考えているわけですから、無闇に商品を扱っていただくだけの提案ではなく、まずお客様側の売上げを作るために何をすべきか?という視点で提案をさせていただいています。販促物の提案やどれだけの在庫数を持てば良いかを私の方であらかじめ計画し提案をさせていただくなどしています。

「所属部署の成長と海外取引で活躍したい」

今所属している時計・ブランド雑貨事業部では2020年までに売上げを500億円までに拡大するという目標を掲げています。その中で自分に何ができるのかを考えると、やはり既存のお客様との取引拡大と新規顧客の獲得が重要になります。これから成長する中で目標を見据えながら頑張っていきたいです。また将来的には海外との取引も関わっていければと考えています。今、プライベートで英会話を勉強しているので商品の輸出入など海外取引に活かせればと思います。

「強い芯を持って」

自分のやりたいことが明確にあるのならドウシシャという会社は最適だと思います。社員の挑戦を応援してくれる、やりたいことが達成できる会社です。強い芯を持っていれば、会社以外でも自身の成長のためにアンテナを張り、新たな知識やスキルを手にいれるよう行動するようになってきます。海外で活躍したい、ブランドを構築して世の中に広めたい。目標達成のチャンスをたくさん与えてくれるのがドウシシャという会社だと思います。

  • 森田 敬太のオン
    6:00起床・身支度。
    7:00家を出る。気合いを入れるため、好きな音楽聴きながら。
    8:00メールチェック、部内ミーティング。
    8:50体操、フロア内朝礼。メールチェック。
    10:00得意先への出荷伝票作成。出荷依頼。
    11:00得意先訪問への資料作成。
    12:00同僚と昼休憩。
    13:00引き続き、得意先訪問への資料作成。
    14:001社目の得意先へ外出。
    15:001社目の商談。2社目へ移動。
    17:002社目の商談。
    18:00帰社。本日の商談の整理。
    19:00明日の支度と経費精算。
    20:00同僚と軽くご飯。
    21:00軽くご飯と思いきや、絶えない話が続く。
    22:00帰宅。録画したドラマを見る。
  • 森田 敬太のオフ

    ドウシシャのフットサル部で汗をながしたり、友人と食事をしたり。

Career
Career 2009年4月 時計営業DIV(東京) 入社・配属
2012年6月 時計・ブランド営業DIV(東京)アシスタントマネージャー 異動・昇進
2016年6月 時計・ブランドジュエリー営業DIV(東京) マネージャー 昇進