2005年 入社

浮氣 邦之

フットウェア営業(大阪)ダイレクター

私の信条:日々自己啓発

「幅広いビジネスチャンスがここにはある」

ドウシシャの強みは二十を超えるプロの集団組織=DIV(ディヴィジョン)が有るということです。営業は企画提案力に優れ、商品開発では数多くのヒット商品を生み出しています。今伸びているビジネスとして訪日外国人をターゲットにしたインバウンドビジネスと逆に海外への輸出によるアウトバウンドビジネスも手がけ、ドウシシャ内だけでも規模感のある幅広いビジネスチャンスがあるのが大きな特徴だと思います。また、新たな事業にチャンレンジする体制が整っているところも他社に無い最大の強みだと思います。

「やりたくない事」が成長のカギ

思いついたらまず行動!でも行動してもうまくいかないことも多いです。そこで私は、するべきことをまとめて、「やりたい事」と「やりたくない事」を分けます。そこからまず、私は「やりたく無いこと」を外していきます。そこで本当に「やりたい事」が残れば、それを率先してやっていく。ただ、本当に「やりたい事」が残る事が少ない。そんな時は、外していた「やりたく無いこと」をもう一度見つめ直すようにしています。そして、やりたく無い事にも改めて挑戦していきます。いままで逃げていた自分の弱い部分を克服できることが「やりたくない事」にはあると思います。あらためて「やりたくない事」をしっかりと見つめ達成することで新しい自分に成長していくことが出来ると考えています。

「新規事業のビジネスシューズ業界への参入」

短期的な計画と中長期の計画を目標設定しています。まず短期的な計画としては既存のスニーカー事業からの新たな一歩として新規事業のビジネスシューズ業界への参入。今春より日本製のハンドメイド高級靴の販売が決定。中長期的な視点で手掛けていくところとしては自社ブランドの開発を強化して他商品を差別化した国内でのカテゴリーキラーを目指し、最終目標としてはナイキやニューバランスといったナショナルブランドのように世界各国を相手に輸出も狙える所まで成長させたいと思っています。

「ダイレクターとしての成長こそがやりがい」

ダイレクター職を任されて3年半となりますが、様々な角度からの業務を担うポジションの為、毎日仕事に新鮮さを感じることができます。沢山の努力をしないと克服できない事もありますが、ドウシシャで働く社員一人ひとりに活力があります。先輩、後輩問わず尊敬できる人が多く、その目標達成の為にチーム全体で知恵を出し合い助け合う事でミッションをクリアしていく機会が多く、その結果組織としても自分自身においても成長を感じることが出来ます。

  • 浮氣 邦之のオン
    6:00起床。今年からは毎日朝食を採る事を日課に。
    7:00出社。得意先からの発注確認 在庫データ編集 朝会議事項のまとめ(基本前日に設定)
    8:30朝会議。今日・今週の全員の予定・計画を確認
    8:50朝礼。朝礼終了後は、セールスサポートセンターとの受注業務を連携して処理。 ※ここでミスを出さない事が一日の効率向上のポイント!
    10:00得意先・仕入先・物流へ電話・メールにて状況確認、打合せ。
    11:00商品面中心の社内ミーティング。
    12:00昼食、休憩。
    13:00得意先への商談(近隣店舗へのマーケティングリサーチも忘れずに行い商談のネタにする。
    14:00得意先への商談。
    15:00得意先への商談(帰りの移動時間を利用し商談後の宿題をiPadや雑誌などで情報収集)
    17:00帰社。商談結果の報告書作成、登録、台帳作成。
    18:00部署内での今日の情報交換(気分転換も兼ねて)
    19:00明日以降の商談準備。朝会議での社内打合せ内容の立案。
    20:00帰宅。
  • 浮氣 邦之のオフ

    息子たちとクタクタになるまで遊びまわるなど、家族と過ごす時間を大切にしています。子供たちのエネルギーが、活力となっています。

Career
Career 2005年4月 ジュエリー営業DIV(大阪) 入社・配属
2008年6月 アシスタントマネージャー 昇進  
2009年6月 アパレル営業DIV(大阪) 異動
2011年4月 フットウェア営業DIV(大阪) 異動 
2012年6月 マネージャー 昇進  
2012年8月 ダイレクター 昇進