経営理念/会社情報

創業の精神

我々は同志的結合をもって「つぶれないロマンのある会社」をつくり、社会に貢献できる会社作りをしよう

当社の創業メンバーは、以前勤務していた会社が倒産し、それにより多くの従業員やその家族、債権者が路頭に迷うという不幸を経験いたしました。
この時、当社会長 野村正治が当時の部下(同志)を集め、『絶対につぶれない会社、働き甲斐やロマンのある会社を作ろう』と呼びかけ、同じ志のもとに集まったメンバーで、1974年に日用雑貨品の卸売業を行う『同志社』(後に今のドウシシャに名称変更を行いました)を創業いたしました。
この倒産の教訓から当社は創業以来、『つぶれないロマンのある会社づくり』の為に、“創業の精神”と“社訓”を不変の経営理念として掲げております。

社訓

1.我々は全員が家族である
苦楽を共にする心をもって仕事にはげみ、
お互いの立場を理解し、力を合わせて会社と共に栄えよう
1.顧客に信頼されよう
会社の信用は社員一人一人がつくるものである。
顧客の身になって、仕事は早く正しく親切にやろう
1.仕事は自ら創り周囲を引きまわそう
ドウシシャには傍観者は不要である。
言動に責任をもち、常に勇気ある実行者となろう
1.資金の回転をよくして実益を収めよう
虚飾を避け、身の分限を守り、
浪費を省いて不時の用に備えよう
1.心は豊かにし、健康は自らが守ろう
仕事と休息のけじめをつけ、
明るく清潔な職場をみんなで創ろう

四方よしの精神

売り手よし、買い手よし、世間よし、働き手よし

当社は近江商人の行動哲学である『三方よし(売り手よし、買い手よし、世間よし)』に“働き手よし”を加えて、独自にアレンジした“四方よし”を掲げております。これは、売り手(得意先、消費者)、買い手(仕入先)、世間(社会、株主)、働き手(会社、社員、家族)の四方のことを常に考えて行動しようという意味です。この行動規範に基づいて、「つぶれないロマンのある会社づくり」に取り組んでまいります。

ドウシシャ語録(行動指針)

当社ドウシシャ語録をご覧いただければ、私たちの日頃の行動指針が垣間見られるかもしれません。

ドウシシャ語録

ページの先頭へ